日々のニュースや出来事への詩的な感想録

ブログ管理人が日々に感じた事を、ざっくりとした適当な詩的表現で綴っています。まだまだ未熟さを自覚している者が推敲もせずに書いたブログですので、読みにくさ、誤り等あると思いますが読んでみてください。

u-18野球ワールドカップについて1

U-18野球ワールドカップは、今日、甲子園球場にて、日本×アメリカの決勝戦が行われた。
結果は残念ながら、1-2で惜敗し、悲願のワールドカップ初優勝はならなかった。

U-18アメリカ代表は、1次ラウンドで日本に負けているだけに、雪辱に燃えていたように感じられた。
そして、野球発祥の地の代表の底力を発揮したようである。
U-18日本代表は、本当に素晴らしい戦いぶりを見せてくれたと思う。


日本の高校野球は今年で、生誕100年を迎えた。
思うに、野球というスポーツは、日本のお家芸といってもいいのではないだろうか?
そしてその人気ぶりは、国技さえも超えているのではないだろうか?
小学校や中学校時代に、まわしを締めて相撲を取った経験を持つ人よりも、グローブをつけてキャッチボールをした経験を持つ人の方が多いだろう。

高校野球の人気は、他の高校のスポーツと比べて群を抜いて高い。
夏の全国高校野球大会は、各都道府県の代表校が激突するわけだが、この試合の模様は国営放送で全試合が生中継で放送される。
他の高校スポーツの全国大会である、インターハイで行われる全ての競技のテレビ中継時間を全て合計した時間よりも、高校野球1種目のテレビ中継時間の方が、圧倒的に長いのである。

この野球ワールドカップの試合模様も、地上波で生中継されている。
やはり、高校野球に対する注目度の高さがうかがえた。