日々のニュースや出来事への詩的な感想録

ブログ管理人が日々に感じた事を、ざっくりとした適当な詩的表現で綴っています。まだまだ未熟さを自覚している者が推敲もせずに書いたブログですので、読みにくさ、誤り等あると思いますが読んでみてください。

安全保障関連法案に対して賛成意見への考え2

中国は、ロシア、北朝鮮とも地理的に近い位置にある。
ロシアは未だ世界有数の軍事大国である。昔はアメリカと敵対関係にあった国である。

f:id:my-impression:20150919191402j:plain


北朝鮮は、経済規模も小さく、軍事関連の兵器も高いものを保有しているわけではない。しかし、陸軍の隊員数は世界有数であり、在韓米軍と韓国軍を合計した数よりも多いという。

f:id:my-impression:20150919191723j:plain


もしも…
かなり突飛な事であり、あまり考えたくはないのだが、
中国、ロシア、北朝鮮の3国が手を組んでアメリカに戦いを挑んで来たらどうなるのか?
また、これに乗じて、反米を掲げるイスラム諸国までもがアメリカに戦いを挑んだらどうなるのか?


中国、ロシア、北朝鮮を相手に、アメリカは対処しきれるだろうか?
アメリカがこの戦争に負けると読んで、東アジアから駐留していた軍隊を引き揚げていくような事になったらどうなるのだろうか?
「ああ、もう俺の手に負えないや。俺はもう引き揚げるから。」
といって去っていくような事があったら日本は一体どうなるのか?
「国際社会の真の通貨は軍事力である。」
といった歴史学者の言葉もある。
いくら、経済力が世界第3位であろうと、GDPで遥かに劣る国や組織のミサイル攻撃1発で、沈む事もあり得るのではないか?
こうなると、安全保障関連法案をきっかけに、日本の安全を更に強化する必要があるのかもしれないとも思えてくる。