日々のニュースや出来事への詩的な感想録

ブログ管理人が日々に感じた事を、ざっくりとした適当な詩的表現で綴っています。まだまだ未熟さを自覚している者が推敲もせずに書いたブログですので、読みにくさ、誤り等あると思いますが読んでみてください。

安全保障関連法案の成立について

2015年9月19日、今の国会の最大の焦点である、集団的自衛権の行使を可能にする事などを盛り込んだ、安全保障関連法案が参議院本会議で可決され、成立した。

f:id:my-impression:20150919165953p:plain

戦後70年、これによって、日本の戦後の安全保障政策は大きく転換する事になった。

賛否両論あるが、結局のところどうなのだろう?
私は、政治にあまり詳しくはないのだが、おおざっぱに考えをまとめてみた。
まず、これ以上にない程までに、簡単にこの問題の主旨を述べると、集団的自衛権の行使が可能になる事で、日本がどういう影響を受ける事になるかについての憶測の違いによって、意見が真二つに分かれているようだ。

f:id:my-impression:20150919184042j:plain

集団的自衛権の行使が可能になる事で、日本がより安全な立場に立たされるのか?
集団的自衛権の行使が可能になる事で、日本がより危険な立場に立たされるのか?

安全か?危険か?
非常にシンプルだがこの違いだろう。