日々のニュースや出来事への詩的な感想録

ブログ管理人が日々に感じた事を、ざっくりとした適当な詩的表現で綴っています。まだまだ未熟さを自覚している者が推敲もせずに書いたブログですので、読みにくさ、誤り等あると思いますが読んでみてください。

ばたどらについて1

何気なく記事を書こうと思ったら
記事編集画面の上の方に「今週のお題」という言葉が目に入ってきた。

で、今週は、おすすめの手土産らしい。
手土産として、持っていくほどに、どこにでも売っているものではないのだが、和菓子の好きな甘党の方に持っていくと喜ばれそうな、かなり珍しいお菓子があるので紹介してみたい。

ある地方都市の郊外に行った際、普通の一軒家に見える建物の前に、のぼりが立っていた。

「ばたどら」と書かれたのぼりだ。

「何だろう?」
と思って、近づいてみると、その建物は一軒家ではなく、お菓子屋さんであった。
「ばたどら?」
この言葉だけ聞くと、どんなお菓子なのか見当が、つかない人もいるかもしれない。

「ばた」はバターのばたであり、

「どら」はどら焼きのどらである。

f:id:my-impression:20151024212745j:plain

(スマートフォンで撮った画像をアップしたら、大きく写りすぎてしまった…。15インチのパソコンの画面で見るとほぼ実物大の大きさだ。)

どら焼きの、皮の部分で、マーガリンをサンドしたものなのである。
このどら焼きの、皮がふんわりしていて、甘く、マーガリンの塩気と実によくマッチしている。