日々のニュースや出来事への詩的な感想録

ブログ管理人が日々に感じた事を、ざっくりとした適当な詩的表現で綴っています。まだまだ未熟さを自覚している者が推敲もせずに書いたブログですので、読みにくさ、誤り等あると思いますが読んでみてください。

ブランパンを食べてみた感想

次の日の朝食時に、オーブンで軽く焼き上げて、砂糖を少し入れたミルクコーヒーと共に食べてみた感想を報告してみたい。
まず、外装の袋を見てみると、糖質を控えて作られた事が強調されるように、表面に記載されている。

f:id:my-impression:20151123225425j:plain


このブランパンは、糖質が1個あたり2.3gしか含まれていない。
カロリーは64kcalとなっている。
外装袋から取り出し、オーブンで軽く焼いてみる事にした。
焼きあがって、オーブンの扉を開けると、普通の精白された小麦粉を使った食パンのトーストとは少し違った香ばしさが漂ってくる。
小麦のふすまや米ぬかが使われている為であろう。
独特の香ばしさだ。
一口食べてみる。
オーブンで軽く焼いた事で外側はパリッと仕上がっている。小麦のふすまや米ぬかが使われているので、もっとパサパサした食感ではないかと思っていたのだが、中は意外とふんわり、しっとりとしている。

youtu.be


噛みしめると、小麦ふすまや米ぬかの独特の香ばしさを感じることが出来る。
普段、精白された穀物の味に慣れきっている方にとっては、苦手な味かもしれないが、自分は、以前から未精白の穀物を結構食べていたので、小麦ふすまや米ぬかの風味がきいたこのパンはとても美味しく感じられた。
ホームベーカリーなどで、全粒粉を使ったパンを作ろうと試みた事もあったが、材料として使用できるのは、小麦粉の全使用量の内15%程までが限度であるとされている。
残りの85%は普通の薄力粉を使わなければならない。
これ以上の割合で全粒粉を使ってしまうと、上手く発酵されなかったりして、膨らまなかったり、硬くなったり、パサついたりしてしまうのである。

ちなみに栄養成分表は
熱量64kcal
たんぱく質6.5g
脂質2.0g
糖質2.3g
食物繊維5.3g
となっていた。

f:id:my-impression:20151123225853j:plain


たんぱく質が糖質よりも多く含まれている。これは、普通のパンの場合と逆である。更には食物繊維が5.3gも含まれている。
食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養分が豊富に含まれる、小麦のふすまや米ぬかを使った商品でここまで、ふっくらと美味しい商品に仕上げるとは、素晴らしい。
とてもありがたい商品である。
開発、提供してくださるローソン様には感謝したい。